シュミット・ダニエルはどこのハーフに年俸は?大阪大学に髪型【サッカー日本代表】

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表にゴールキーパーのシュミット・ダニエル選手(30)が選ばれました。小さな頃からの夢が叶いましたね。川島・権田両選手と力を合わせながら頑張ってもらいたいですね。そんないま注目のシュミット・ダニエル選手のハーフのこと・年俸・英語は話せるか・髪型について調べました。

目次

シュミット・ダニエルはどこのハーフ?

シュミット・ダニエル選手は、「アメリカと日本のハーフ」です。ハーフの定義は人種・民族の異なる親から生まれた人です。お父さんがアメリカ人、お母さんは日本人、アメリカのイリノイ州で生まれて2才のときに日本にきました。お父さんは英会話の講師をされています。

インタビュー記事で写真に載っていましたが、シュミット・ダニエル選手のように身長が大きく感じられました。シュミット・ダニエル選手の子どもさんは「クォーター」ですね。奥さんは純日本人です。「クォーター」は片親が純日本人で、片親が日本人と外国人のハーフである人のことを指します。

シュミット・ダニエルの年俸

シュミット・ダニエル選手の年俸です。

2014年 ベガルタ仙台/ロアッソ熊本(1ヶ月間のみ) 360万円
2016年 松本山雅FC 360万円
2018年 べガルタ仙台 800万円
2022年 シント=トロイデン 5,200万円

サッカー選手の年俸って知らなかったのですが、野球と違って少額だったんですね。海外にでたら妥当な金額に感じます。
権田修一選手は33歳で2022年は清水エスパルスで6000万円です。
川島永嗣選手は39歳で2022年はストラスブールで4800万円です。2019年はストラスブールで1億円までいきました。
シュミット・ダニエル選手もこの域までいってください!

シュミット・ダニエルは英語話せるのか

シュミット・ダニエル選手は英語は話せます。雑誌の対談で「川島さんは何か国語も話せるけど、僕は英語だけは話せます」と言っていました。ベルギーのシント=トロイデンでは「オランダ語」が使われているようです。しかしベルギーの公用語はオランダ語,フランス語,ドイツ語の3言語です。地域ごとに北部ではオランダ語、南部ではフランス語、東部ではドイツ語です。

川島永嗣選手は英語、イタリア語、フランス語、スペイン語については、日常会話はもちろん、報道陣からの質問にも普通に答えられます。そして、ポルトガル語とオランダ語でもピッチ上の味方に指示を出して動かせるレベルにあります。海外に移籍すれば言葉の壁を乗り越えないといけないですね。

シュミット・ダニエル 髪型

シュミットダニエル選手の髪型はフェードカットという髪型です。上から下へ向けて、段々と短くするカット方法です。
長野県松本市にあるアットホームでおしゃれな床屋さん理容室TOBAに一見さんで飛び入りにシュミットダニエル選手が来店したとき、店主はシュミットダニエル選手を知らなくていろいろ聞いてしまいあとでわかりビックリしていました。

店主はそのとき気さくに対応してくれたシュミットダニエル選手のファンになったそうです。カットだけで人柄がわかるいい話しもあります。

まとめ

・シュミット・ダニエル選手は、「アメリカと日本のハーフ」
・シュミット・ダニエル選手の年俸は2022年5200万円
・シュミット・ダニエル選手は英語は話せる
・シュミットダニエル選手の髪型はフェードカットという髪型

小さい頃から夢にみていた日本代表になれていま注目の人です!誰と話すときもおごった素振りもなく気さくに話し、一度プレーになれば熱くなれる逸材です。ワールドカップ応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次