プリシッチの怪我とポジションに成績!アメリカ代表の人気サッカー選手【クリスティアン・プリシッチ】

キリンチャレンジカップ2022が9月23日に日本(SAMURAI BLUE )対アメリカのサッカーキックオフがドイツのデュッセルドルフ・アレーナ会場で行われます。サッカーのアメリカ代表の注目選手のうちの1人で脅威となる選手はクリスティアン・プリシッチです。プリシッチの得意なポジションにテクニックや過去の個人成績に怪我の情報などを調査しましたので紹介していきます。

目次

クリスティアン・プリシッチの経歴・プロフィール

クリスティアン・プリシッチのプロフィール

本名:クリスティアン・プリシッチ
国籍:アメリカとクロアチアのハーフ
生年月日:1998年9月18日
身長:173cm 体重70kg

プリシッチ選手はアメリカ代表のサッカー選手でありますが、国籍はアメリカとクロアチアの2つの国籍を持っています。アメカは二重国籍でも、どちらか選択する必要はないです。そのためブリシッチはアメリカとクロアチアのハーフでありイケメンとの評判も高いです。

年齢は2022年現在23歳と若いですが、アメリカの代表として選抜され活躍をしています。アメリカ代表の選手と選ばれていますが、勿論サッカーの技術力が高く、サッカー好きの日本人は脅威として注目しています。

特にプリシッチはドリブルが長けており、アザールのような鋭いドリブルを行うプレースタイルです。そのため、「アザールの後継者」と言われたりと、アメリカ人では期待の人気選手です。背番号は主に10番を背負ってサッカーをプレイしています。

クリスティアン・プリシッチ サッカーポジション

クリスティアン・プリシッチのサッカーでのポジション配置は、MF(ミッドフィルダー)であり、右ウイングがメインのポジションとなります。しかし、プリシッチは点数を決めるシュートの得点能力も高くセンターフォワード、左ウィングにポジション配置してプレーしたことがあり、どのポジションでも活躍のできるオールマイティーの選手となります。

プリシッチはスピードの乗ったドリブル技術に、フェイントを使い相手デフィエンダーを交わしていくので、敵チームにいたら冷々するほどの脅威の選手になります。シュート精度も高く何度か、1試合のうちに3点ゴールに入れるハットトリックも達成しています。

キリンチャレンジカップ2022でも日本選手はプリシッチをマークしつつボールを渡さないように意識することが大切ですね。得意のドリブルとカウンターを封印させるようなプレイが必要となります。

クリスティアン・プリシッチの個人成績

アメリカの代表選手として活躍しているプリシッチの個人成績を調べてみました。2017年と2019年にアメリカ年間最優秀選手賞を取得するスター選手です。2019年プリシッチはは11試合に出場し5回のゴールを決めています。

レベルの高いアメリカで2度も受賞するとは本当に凄いですよね。しかもまだ23歳で2回とさらに今後も受賞をする可能性は十分にあります。そんなプリシッチのクラブチームは2016年から2019年がボルシア・ドルトムント2019年~チェルシとドルトムントにレンタルの所属となります。

どちらもサッカー知らない人でも聞いたことのある人気グラブチームで20代前半の若さで世界で活躍していてます。どれほどサッカーの練習に時間を費やしているか、努力の結晶が相当凄いのでしょうね。

クリスティアン・プリシッチの怪我 復帰

クリスティアン・プリシッチはなんどかサッカーが出来ないほどの怪我を経験しています。1度目は足のハムストリング負傷のために練習に参加できないほどの怪我を負いました。2回目も同じハムストリングを負傷しましたが、2022年現在は怪我の調子も回復し復帰をしています。キリンチャレンジカップ2022にも出場可能性は高いです。

なお怪我したハムストリングは足の中でお大きな筋肉で、伸び縮みが激しく肉離れしやすい箇所になります。また、プリシッチのドリブルでスピードや細かな技術で足への負担は大きいのでしょうね。あの瞬発力がでているのは足の筋肉(ハムストリング)などが鍛えられているからだと思います。

クリスティアン・プリシッチ アメリカ代表の人気選手

クリスティアン・プリシッチは2度もアメリカ年間最優秀選手に選ばれるほどの逸材です。そのためにアメリカ代表選手に選ばれるのは当然の強さです。また、アメリカ人からの期待もかなり高く人気選手です。サッカーゲーム内でのプリシッチの市場価格も、他の選手を群抜いて人気のようです。アメリカのどの世代もプリシッチに注目をしているようです。

キリンチャレンジカップ2022ではアメリカ代表選手で出場し相手国となりますが、要注目選手であり注意選手でもあります。プリシッチのドリブル速度は早いためにカウンターなど気が抜けない試合になりそうです。

まとめ

クリスティアン・プリシッチの成績を調べた所、優秀過ぎて驚きました。チャレンジカップでもおそらくMFでのポジション配置となると予想できます。日本はプリシッチのドリブルのスピードには注意が必要で、点数を上回ったとしても気が抜けない試合になります。日本は極力ボールを保持する時間を確保し守備と攻めていく必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次