胎内ハム 無添加で安心。お中元、お歳暮に

新潟県の胎内市で製造されている「胎内ハム」の特徴について調べてみました。

目次

胎内ハムの歴史

旧黒川村での昭和の時代から、今に続いています。
製造当初はドイツ人マイスターを長期間招聘し、ドイツ伝統製法の指導を受け継ぎ、30年以上に渡り、手作りのハム・ソーセージを作り続けられています。

手作りのハム・ソーセージの製品は、新鮮な新潟県産豚肉を塩漬けにし、たっぷり時間をかけて熟成させ、肉の旨味が芳醇に染み込んだころ、天然スモークハウスで桜の木をいぶして、じっくり燻製します。
塩や調味料はすべて天然物。
しかも、ぎりぎりまで塩分を低く押さえてありますので、安心してお召し上がりいただけます。

合成保存料を添加されておらず、安全第一をモットーに作られており、子供でも安心して食べられます。

胎内ハムの口コミ お中元・お歳暮に

Twitterやインスタグラムなどで検索してみると、胎内ハムとビールを堪能し美味しく食べっている方や、お中元・お歳暮としてプレゼントする方など多くいました。
そして、美味しいの口コミ・評判が多くやはり人気商品です。

また、胎内ハムの他に胎内ベーコンも分厚く切って焼くとても美味しいです。
胎内ハム・ベーコン・ソーセージなどの詰め合わせセットが売れ行きよいです。

胎内ハムのお供 胎内高原ビール 吟籠ビール


胎内ハムと相性の抜群なのは、ビール!
折角なら、新潟の地ビールの胎内高原ビールとハム・ベーコンを召し上がってみては!?

吟籠ビールはなんと、新潟のコシヒカリを使ったクラフトビールです。
2種類あり1つは柑橘系のホップを利用しており、爽やかな香りでフルーティーなビールです。
もう1種類は苦味のあるホップを加えたビールですが、飲みやすいと評判です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次